しばら部

柴犬のイラストばかり描いているイラストレーター「しばらぶ」のブログ

自分のため、よりもみんなのためのほうが人生が豊かになるという話

f:id:sibalove:20200611123605j:plain


こんにちは!しばらぶです!

今回は、しばらぶお得意の生き方の話です。

 

最近昔に大ヒットした「夢をかなえるゾウ」という本を読んでいます。

アマゾンのプライムリーディングで読めたので何となく気になって読んでみたのですが

 

これ、めっちゃいい本やん!

 

と衝撃を受けたので、ブログにしています。

まだ、最後まで読んでいないのですが、数十ページだけでも、心に刺さるものがかなりあった私にとって珍しい本です。

大ヒットした時になぜ読まなかったのか、と読みながら思いました。

 

 

楽に幸せになろうとしても幸せになれないまま終わる

ここのところ、しばらぶはなんでもかんでも「自分がどうやったら幸せに生きられるか」ばかり考えていたということに気づきました。

もちろん、自分の幸せを追い求めることは大切なことではありますが、人の幸せだったり、人をどうやって幸せにできるかということに対して考えていなさ過ぎたように思います。

 

お金がないとか、旅行に行きたいとか、引っ越したいとか、有名になりたいとか、そんなことばかり考えていました。

しかも、楽してそれを手に入れる方法ばかり探していたように思います。

 

楽して幸せになれるなんて考えていたら、幸せになれないまま人生が終わってしまうということに気づかされました。

 

私にできること

靴を磨き、募金をして、トイレの掃除をしながらいろいろと考えています。

 

私に何ができるだろうか。

まだ答えは見つかりません。

 

でも、自分より、まずは人のために行動を起こしてみるということって、すごく大切だなと思いました。

もし、やってみて自分がつらくなってしまったらそれはやめればいいし、もしやってみて自分が喜びを得られたら、それが正しかったということです。

 

やっぱり私自身、私のことを幸せにしてくれる人の近くに行きたいと思いますもん。

なにか面白いことをして笑わせてくれる人だったり、生活を便利にしてくれるものを買いたいと思うわけです。

 

当たり前のことですが、それがわかっているのといないのとでは全然違うことだなと思いました。

 

よりたくさんの人に幸せを与えられる人間に

ちょっと大げさな言い方ですが、当たり前のことでした。

自分の不幸にフォーカスしすぎて、周りのことが見えていなかったなと反省しています。

 

お金をもらうにしても、なんにしても何かが欲しいのであれば、それ相応の対価を相手に与えられていないといけないわけです。

私が今お金がない、好きなことができない、と思っているのはそれに見合う対価が周りに与えられていないということの裏返しだった、ということですね。

 

というわけなので、これからの人生をかけて、しばらぶは人に幸せを与えられるような存在でありたいと思います。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

夢をかなえるゾウ、おすすめなので、よかったら読んでみてください。